春日部市で入れ歯にお悩みなら|やまもと歯科

入れ歯DENTURE

やまもと歯科の入れ歯治療

やまもと歯科は春日部市にある入れ歯の治療を得意とする歯医者です。入れ歯治療はどんな入れ歯でも同じ、というわけではなく実は様々な種類があるのです。当院の入れ歯治療を進める前にいくつか注意点をご紹介させていただきます。

入れ歯治療は必要?

虫歯や事故などで歯を抜かなければならなくなった場合、【その歯を抜いて治療が終わり】ということはありません。歯を抜いたままにした場合、時がたてばたつほど大変なことになってしまいます。たとえば、

  • かみ合わせが悪くなる
  • 歯が伸び出る
  • 見た目が悪くなる
  • 老け顔に見える
  • 他の歯の寿命が短くなる
  • 余計に治療費がかさむ
  • 痴呆症を引き起こす
などなど健康だけでなく、様々な影響を与えてしまいます。

入れ歯治療について

抜けた歯を補う為には

  • ブリッジ治療
  • 入れ歯治療
  • インプラント治療

の3つの選択肢があります。本ページでは入れ歯治療について解説をしていきます。

入れ歯治療の保険診療・自費診療

入れ歯治療の中にも保険診療・自費診療と2つの種類がございます。簡単に言うと保険適用の入れ歯か自己負担による入れ歯の2つのパターンがございます。下記に特徴をまとめております。

保険の素材のメリット・デメリット

保険診療の入れ歯

    メリット
  • 保険適用のため、費用が低価格ですむ
  • プラスチック素材なので、壊れやすいが修理もしやすい
    デメリット
  • プラスチックでの製作に限られるので、装着時に痛みや違和感、不快感を感じやすい
  • 熱が伝わり辛く、食事のおいしさを感じにくい
  • 強度や耐久性に劣るので、毎日使うことですり減りや変色が見られるようになり、破損する場合がある

自費の素材のメリット・デメリット

自費診療の入れ歯

    メリット
  • オーダーメイドでの製作で、素材からこだわれる為、違和感や不快感のない自分に合った入れ歯に仕上がる
  • プラスチックに比べて熱が伝わりやすく、食事がおいしくなる
  • 自分の歯のように自然な見た目に仕上がる
  • 強度があり耐久性に優れているので、変形や破損、変色しにくい
    デメリット
  • 保険が適用されないので、費用が高額になる
  • 細部にこだわって丁寧につくるので、完成までの工程が多く、通院期間が長くなる
  • 修理が難しい場合がある

保険適用内の入れ歯は、完全オーダーメイドとは行かない為、製作にこだわれる範囲に限界があります。やまもと歯科では「患者様に笑顔になってほしい」、「歯が抜ける前と同じ生活を送ってほしい」という想いから、自費診療についての説明も行わせていただいております。

やまもと歯科での部分入れ歯治療について

多くの方が知らない事実として、実は保険適用の入れ歯には金属のバネがついてしまうのです。これは保険適用内の範囲の中での治療提供ということで仕方の無いことなのですが、バネがお口の中にある為、入れ歯をしていることが他の人から分かってしまいます。可能であれば、入れ歯をする前と後でまったく同じ生活を送ってほしい、と考えるやまもと歯科では、金属のバネが存在しない、ノンクラスプデンチャーを推奨しております。

やまもと歯科での総入れ歯治療について

春日部市武里のやまもと歯科は、「BPSエステティックデンチャー®」という入れ歯業界では最高品質の入れ歯を提供しております。「BPSエステティックデンチャー」は機能性・審美性を極限まで追求した入れ歯で、しっかり噛めて、ストレスなく話せるという特徴を持ちます。

審美面について

通常の入れ歯
BPSエステティックデンチャー®

BPSデンチャーは上記のように、とことん自然な見た目にこだわった入れ歯です。BPSデンチャーを選択された患者様からは、・入れ歯だと気付かれない・年齢より10歳近く若く見られるようになったといったお声をいただきます。

やまもと歯科の入れ歯治療

医療法人郷和会 やまもと歯科はBPSデンチャーの認定医院です。質の高い入れ歯を装着する為には、質の高い医療の提供は必須です。質の高い医療を提供する為にも日々の自己研鑽を怠らず、患者様のために日々治療の技術を磨いております。

お問い合わせ CONTACT

  • 048-735-8148
  • お問い合わせ
  • WEB予約
  • アクセス