春日部市で優しい歯医者さんをお探しなら|やまもと歯科

歯の豆知識 TIPS

ファイバーコアとは何か

2018年10月9日 (火)

カテゴリー :

ファイバーコアとは何か

 

虫歯が進行して歯の神経を取り除いて根管治療をした場合、人工の土台を歯に入れる必要があります。この土台には、メタルやプラスチックなどがあるのですが、新たにファイバーコアという土台が登場しました。今回は、ファイバーコアのメリットについて、春日部市、武里の歯医者、やまもと歯科が分かりやすく解説いたします。

 

◆ファイバーコアとは

ファイバーコアは、グラスファイバーという繊維を樹脂で固めた土台で、高い強度を誇ることが特徴です。土台には噛む力がかかるため、耐久性が高いものを採用しなければなりません。

 

◆ファイバーコアのメリット

従来のメタルやレジンの土台もある程度の耐久性があります。では、なぜファイバーコアの方が良いのかご紹介します。

 

  • 従来の素材よりも耐久性が優れている

従来の素材よりも耐久性が高く、噛む力による影響を受けにくいことがメリットです。耐久性が今一つだと、土台に問題が起こる可能性があります。長く歯の機能を維持するためにも、耐久性が優れたものを選ぶことが大切です。

 

  • 金属アレルギーの方にも適用できる

ファイバーコアは金属を使用していないため、金属アレルギーの方にも適用できます。金属アレルギーの方が金属を使用したものを使用すると、身体の一部または全身にアレルギー反応が出てしまう恐れがあります。

 

  • 歯の黒い影が出ない

金属を使用した土台では、歯に光が当たったときに黒い影が見えてしまいます。見えやすいところの歯だと、人前で口を開けることが嫌になってしまうかもしれません。

 

  • 歯根が折れる心配が少ない

従来のメタルコアは強度が高すぎるため、歯根を折ってしまう場合があります。ファイバーコアは弾力性があるため、歯根に大きな負担をかけにくくなっています。

 

◆ファイバーコアのデメリット

ファイバーコアにデメリットはありません。ただし、自費診療となるため、治療費が高額になる可能性があります。ファイバーコアを検討する際には、予算に合わせて選ぶようにしましょう。

 

◆まとめ

ファイバーコアは、従来の素材と比べて歯への影響が少なく、折れたり黒い影が透けたりする心配がほとんどありません。快適に使えることは、歯の土台の素材を選ぶときの優先事項と言えます。自費診療であるため、保険診療の治療と比べて高額ですが、それでもファイバーコアを選ぶメリットは多いので、前向きに検討することをおすすめします。歯の土台についてお悩みの方は、春日部市、武里の歯医者、やまもと歯科にお越しください。

お問い合わせ CONTACT

  • 048-735-8148
  • お問い合わせ
  • WEB予約
  • アクセス