春日部市で優しい歯医者さんをお探しなら|やまもと歯科

歯の豆知識 TIPS

根幹治療とは

2018年10月11日 (木)

カテゴリー :

根管治療ってどんな治療?

虫歯が進行して神経が侵されてしまった場合、根管治療を受けることになります。ただの虫歯治療とは違うと聞いて、心配になっている方は多いのではないでしょうか。今回は、根管治療の方法や必要性などについて、春日部市、武里の歯医者、やまもと歯科が分かりやすく解説いたします。

 

◆根管治療を行うケース

虫歯は、歯の表面のエナメル質を溶かし、続いて歯の本体ともいえる象牙質を溶かしていきます。次第に進行していき、やがて歯の神経にまで達するのです。この段階になると、根管治療が必要となります。

 

神経にまで虫歯が到達すると、痛みを感じるようになるため、早めに根管治療を受けることが必要です。また、象牙質に虫歯が達した段階で根管治療をおすすめすることもあります。

 

◆根管治療の方法

根管治療は、虫歯の影響を受けた歯の神経や血管を取り除き、根管という部分に薬を詰める治療法です。薬を詰めることで菌の侵入を防げます。その後、人工の被せものをして歯の機能を補います。本来であれば抜歯が必要なところ、根管治療を受けることで歯を残せるのがメリットです。

 

◆根管治療後のメンテナンス

根管治療で歯の神経や血管を取り除くことになれば、治療後は歯への栄養補給が絶たれてしまいます。そのため、歯がもろくなると同時に、痛みを感じないことで虫歯の再発や進行に気づけなくなるのです。そのため、定期的にメンテナンスを受けていただき、虫歯の再発を防ぐことが大切です。

 

◆根管治療を受けずに放置するとどうなるのか

虫歯が進行して神経に炎症が起こると、強い痛みを感じるようになります。そのまま放置すると、歯茎が腫れる他、全身へと細菌が周って様々な問題を引き起こす恐れがあるのです。また、神経が死んでしまうと痛みを感じなくなるため、虫歯が治ったと勘違いしてしまわれる方もいます。

 

歯の痛みを感じたらできるだけ早く歯科医院を受診することをおすすめします。

 

もちろん、普段からブラッシングや歯間ブラシ、デンタルフロスでのケア、定期健診を徹底していただき、虫歯を早期発見することが大切です。

 

◆まとめ

虫歯が進行すると根管治療が必要になります。根管治療後の歯はもろくなるため、できれば受けずに虫歯を治したいところでしょう。根管治療を受けなくてもいい初期の段階で虫歯を発見するためにも、定期的に歯科医院に通うことが大切です。ご自身の歯を生涯にわたって残したい方は、春日部市、武里の歯医者、やまもと歯科にお越しください。

お問い合わせ CONTACT

  • 048-735-8148
  • お問い合わせ
  • WEB予約
  • アクセス