春日部市で優しい歯医者さんをお探しなら|やまもと歯科

歯の豆知識 TIPS

フッ素の効果について

2019年1月9日 (水)

カテゴリー :

フッ素を歯に塗るとどんな効果があるの?

 

歯に良い処置としてフッ素を歯に塗ることを知っているけれど、具体的にどのような効果があるのか知らないという方は多いのではないでしょうか。また、歯に塗ることで健康面に悪影響はないのか心配な方もいますよね。そこで今回は、フッ素の効果や安全性について、春日部市、武里の歯医者、やまもと歯科が分かりやすく解説いたします。

 

◆フッ素とは

フッ素は、土壌のミネラル成分の1つです。海産物や農作物にもフッ素が含まれており、普段の食事から自然にある程度のフッ素を取り込んでいます。

 

◆フッ素の効果

フッ素には、次の2つの効果があります。

 

・歯質を強くする

・虫歯菌が出す酸を抑える

・初期虫歯を治す

 

つまり、虫歯になりにくい歯を作る効果が期待できるのです。また、初期虫歯を治す効果について詳しく解説します。歯の表面では、食事のたびに脱灰・再石灰化という現象が起きています。脱灰とは、歯のカルシウムが唾液中に溶け出すことで、再石灰化は溶け出したカルシウムが歯に戻ることを指します。

 

フッ素には、小さい虫歯のところにカルシウムの結晶を作ることで、小さい虫歯を改善する再石灰化作用があるのです。ただし、フッ素による効果は劇的なものではないため、普段からブラッシングをして虫歯予防を心がけることが大切です。

 

◆フッ素の安全性

フッ素は、大量に摂取すると健康に悪影響を及ぼすことがわかっていますが、フッ素を歯に塗る程度では問題は起こりません。フッ素洗口でも、液体を吐き出して口の中に残るフッ素の量はお茶に含まれるフッ素と同じ程度です。お茶を毎日飲んでも健康に害がないことからわかるように、フッ素洗口やフッ素塗布で健康に害が及ぶ心配はありません。

 

歯磨き粉などにフッ素が含まれている場合がありますが、これも適切な量を正しく使えば問題ないのです。

 

◆まとめ

フッ素は自然界に存在する成分で、初期虫歯を治したり虫歯になりにくい歯を作ったりできます。ただし、フッ素を塗ったりフッ素洗口をしたりするだけで虫歯を予防することはできません。虫歯予防の基本は、ブラッシングによるセルフケアと歯科医院での定期的なプロフェッショナルケアです。フッ素塗布を受けたい方や虫歯を予防したい方は、春日部市、武里の歯医者、やまもと歯科にお越しください。

 

 

 

お問い合わせ CONTACT

  • 048-735-8148
  • お問い合わせ
  • WEB予約
  • アクセス