春日部市で優しい歯医者さんをお探しなら|やまもと歯科

歯の豆知識 TIPS

歯が抜けたときの対処法

2018年10月15日 (月)

カテゴリー :

歯が抜けてしまうと、あわてて歯科医院へ駆け込む方は少なくありません。その前に、適切に対処することが大切です。適切に対処すれば、ここでは、歯が抜けたときの対処法について、春日部市、武里の歯医者、やまもと歯科が分かりやすく解説いたします。

 

◆牛乳に浸けて歯科医院へ持っていく

抜けた歯が乳歯の場合は、放置で問題ありません。しかし、永久歯が抜けた場合はできるだけ早く歯科医院へ持っていき、元に戻せるか確認する必要があります。歯は、一度抜けると元に戻らないと思っている方もいますが、歯や歯根膜の状態が良好であれば元に戻せる可能性があるのです。

 

地面に落ちた場合は、水道水で軽く洗い流し、生理食塩水か牛乳に浸しましょう。できれば、歯茎と頬の間で保存します。そして、できるだけ早く歯科医院へ行きましょう。

 

◆歯が抜けたときにやってはいけない対処法

歯をキレイにすることで元に戻しやすくなると思い、水道水に長時間浸したり消毒液をかけたりする方がいます。このような対処法は、歯を元に戻すために必要な歯根膜を死なせてしまうため、決してやってはいけません。

 

また、菌が増えないように乾燥させることも間違った対処法です。乾燥させないようにして歯科医院へ持って行きましょう。

 

◆歯を戻せなかった場合の治療

歯を元に戻せなかった場合は、ブリッジやインプラント治療、入れ歯などを検討いただくことになります。ブリッジは、抜けたところの隣の歯に橋をかけるようにして、人工の歯を入れる方法です。インプラント治療は、人工の歯の根を埋め込み、その上に被せものをします。

 

このように、歯が抜けたときの治療は入れ歯以外にもあるので、お気軽にご相談ください。抜けたところを放置すると、両隣の歯が倒れてきたり、咀嚼時に他の歯に負担がかかったりします。歯が抜けた場合は、必ず歯科医院で適切な治療を受けましょう。

 

◆まとめ

歯が抜けたら、口の中で保存するか、生理食塩水か牛乳に浸して、できるだけ早く歯科医院を受診しましょう。歯を元の状態に戻せる可能性があります。そのまま放置すると、元に戻せなくなるばかりか、口腔機能に問題が起こる恐れがあるため、必ず歯科医院を受診しましょう。歯が抜けてお困りの際には、春日部市、武里の歯医者、やまもと歯科にお越しください。

 

 

 

お問い合わせ CONTACT

  • 048-735-8148
  • お問い合わせ
  • WEB予約
  • アクセス